【衝撃】私が子宮がん検診で行った婦人科での実話です…

記事紹介

私が子宮がん検診で行った婦人科での実話をお話します…

婦人科に行ったときの話です。
子宮頸がんの検診で、私は初めて婦人科を受診しました。

なんとなく女医先生の方が、安心だな、と思っていたのですが、
担当の先生は若い男性の先生でした。

看護師さんなどもおらず、
診察室には私とその先生のみ。

どうせすぐ、検診なんて終わるから、大丈夫だろう、
なんて思っていたのが、間違いでした。

「セックスしたことある?」
ニヤニヤしながら突然、先生に聞かれて、思わず赤面してしまい、
「え、ええと・・・」
ってすぐに答えられなかったら、
「ないの?処女?」
と聞かれて、どうにか
「違います」
って答えることができました。

子宮頸がんはセックスしたことがなければ、心配はいらない病気ということは
知っていたので、この質問に特に意味はないんだ、って自分に言い聞かせました。

「じゃあ、診察するから。下着を脱いで、そこに座ってね」
って、マッサージチェアのような椅子に座らされました。

↓↓↓この記事の続きが気になる方は…↓↓↓

「【衝撃】私が子宮がん検診で行った婦人科での実話をお話します…」
…の記事サイトへ移動して下され!!